三連休の天気 太平洋側で雨の所も 関東は一時的に雪の可能性

©株式会社ウェザーマップ

きょう10日夜からあす11日(金)午前は冬型の気圧配置となるため、日本海側で雪や雨が降る見通し。太平洋側は11日は晴れる所が多いが、天気は西から下り坂で12日(土)は広く雨が降りそうだ。気温が低い関東を中心に、夜は内陸で雪が混じる可能性もある。

11日 東・西日本で気温上がる

 10日朝は東日本の内陸を中心に、厳しい冷え込みとなった。長野市で-9.5℃(平年差-6℃)、東京都心でも平年より2℃低い-1.2℃と今シーズン最も低くなった。11日朝は東・西日本で冷え込みの緩む地域が多く、日中の最高気温も10℃を超えて各地で平年より高くなりそうだ。ただし、西日本には次第に雨雲が近づく見込み。

週末 太平洋側で雨や雪

 九州南部など早い所では11日夜から雨となり、12日午前は西日本の広い範囲で天気が崩れる見込み。また、12日午後は東日本太平洋側に降水域がかかる予想で、気温が低い夜~13日(日)朝にかけて、関東甲信の内陸を中心に雪が降る所もある見込み。
13日午後は太平洋側で晴れる所が多いが、日本海側は雲が広がりやすい。一方、日本海側の各地は冬型の気圧配置が緩むため、日差しの出る地域もありそうだ。

成人の日 西日本中心に晴れ

 

14日(月・成人の日)は西日本で晴れる所が多く、この方面は日中の気温が3月上~中旬並みまで上がる見込み。東京など関東は前日までの気温の低さから抜けきらず、14日もこの時季らしい空気の冷たさが続きそうだ。ただし、東・北日本は日本海側を含めて、大きな天気の崩れはない見通し。日本海側で再び雪(雨)が降りやすいのは、次に寒気が流れ込む15日(火)以降となりそうだ。
(気象予報士・高橋和也)