中島健人ら、キンプリ岸の言動に総ツッコミ!

©株式会社シネマトゥデイ

中島健人と岸優太

 中島健人Sexy Zone)が10日、都内で行われた「映画『ニセコイ』新春・男祭り! 生コメンタリー付プレミア上映会」の舞台あいさつに登壇。「女性の前だと頑張りたくなる」という中島は、約400人の女性観客を前に、岸優太King & Prince)、DAIGO丸山智己らと軽快&セクシートークでイベントを盛り上げた。

【写真】中島健人&岸優太、ウデ組みピース!

 古味直志の人気コミックを実写化した同作は、極道とギャングの親同士の都合で“偽物の恋人=ニセコイ”を演じることになった一条楽(中島)と桐崎千棘(中条あやみ)によるハイテンションな恋愛コメディー。

 観客と一緒に映画全編を鑑賞しながら生コメンタリーに挑んだ中島は、「楽しかった」と笑顔を見せると、自由気ままなボーイズトークについて、「赤裸々になるというか、女性の前だと頑張りたくなります。面白いこと言おうとか……」と張り切ったことを告白。

 そんな中島らは客席後方に座っていたため、DAIGOは「ほとんどみんなが映画を観てないっていうね」と観客が“生”の中島たちに夢中になっていたことを暴露。中島も片手をうなじにあてて振り向くポーズを決めながら、「みなさん全員こういうポーズだったよ。年始早々セクシーすぎるよ」と指摘して会場の笑いを誘った。

 いじられキャラの岸も、コメンタリー中は「好きになるって人を狂わせる」「表情のボキャブラリーを引き出してくれた」などと饒舌に語っていたようだが、舞台あいさつでは中島から「甘噛み様ですか?」とツッコまれるほど噛みまくり。

 中島のことも「相談に乗ってくれたり、ご飯に連れて行ってくださったり、憧れる像ですよね。等身大っていうんですか?」と何とも言えないワードセンスで表現すると、「撮影が終わってからサシで食事に連れて行ってもらって、健人くんが『人生で一番美味しい』というカルボナーラを教えてもらった」ことも、最初は「ついにご飯も教えていただきました」と言い間違い。

 DAIGOは思わず「ご飯を知らなかったの!?」と吹き出すと、「岸さ、もうちょっと(話を)タイトにできない?」とダメ出し。岸は「編集点で切り抜きやすいように」と釈明するが、今度は丸山が「ライターさんに任せるんじゃないよ」と苦笑い。楽しいやりとりに会場は終始笑いに包まれていた。(取材:錦怜那)

映画『ニセコイ』は全国公開中