酒気帯び運転容疑の女逮捕

室蘭署

©株式会社室蘭民報社

 室蘭署は10日、室蘭市白鳥台2、会社員の女性容疑者(42)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前0時45分ごろ、室蘭市陣屋町3付近の国道37号で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、国道のガードレールに衝突する単独事故を起こし、目撃者が110番通報。駆け付けた署員が呼気検査をしたところ、基準値の約3倍のアルコールが検出された。女性容疑者は容疑を認めている。