CES2019に登場した「ブラックテクノロジー」

©新華社

CES2019に登場した「ブラックテクノロジー」

 8日、米ラスベガスで開幕した「CES2019」で華為技術(ファーウェイ)のスマートフォン「Mate 20 pro」(奥)を使って、別のスマートフォン(手前)を充電するスタッフ。「Mate 20 pro」はワイヤレス逆充電機能を持っている。(ラスベガス=新華社記者/李穎)

 【新華社ラスベガス1月9日】世界最大の家電・IT見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2019」が現地時間8日、米ラスベガスで開幕した。150カ国・地域から約4500社が参加した同見本市には、数多くの「ブラックテクノロジー」(画期的で先進的な技術)が登場し、来場者を魅了している。

CES2019に登場した「ブラックテクノロジー」

 8日、米ラスベガスで開幕した「CES2019」で、リアルタイム音声翻訳システムを通して来場者と会話するアリババのスタッフ。(ラスベガス=新華社記者/李穎)

CES2019に登場した「ブラックテクノロジー」

 8日、米ラスベガスで開幕した「CES2019」で、スマートフォンのカラオケアプリ用マイクとヘッドフォンを使って実演するTCLのスタッフ。(ラスベガス=新華社記者/李穎)

CES2019に登場した「ブラックテクノロジー」

 8日、米ラスベガスで開幕した「CES2019」のソニーのブースで、仮想現実(VR)ゲームを体験する女性。(ラスベガス=新華社記者/李穎)

CES2019に登場した「ブラックテクノロジー」

 8日、米ラスベガスで開幕した「CES2019」で展示されたLGの大型曲面ディスプレー。(ラスベガス=新華社記者/李穎)

CES2019に登場した「ブラックテクノロジー」

 8日、米ラスベガスで開幕した「CES2019」で展示された、サムスンのQLED(量子ドットLED)8K液晶テレビ。(ラスベガス=新華社記者/李穎)