陸自ヘリに地上からレーザー照射

昨年10月、宮崎飛行中

©一般社団法人共同通信社

 陸上自衛隊西部方面隊(熊本市)は10日、昨年10月に宮崎県諸塚村の上空を飛行していた輸送ヘリコプターが約1分間、地上方向からレーザー照射を受けたと発表した。操縦していた副操縦士の左目の視力が一時低下したが、機長が操縦を代わり機体にトラブルはなかった。宮崎県警が威力業務妨害などの疑いで捜査している。

 方面隊によると、昨年10月24日午後7時25分ごろ、宮崎県日向沖で夜間飛行訓練を終えた輸送ヘリ(CH―47JA)が高遊原分屯地(熊本県益城町)に戻る途中、緑色のレーザー照射を受けた。当時機内には整備士も含め10人が乗っていた。