ブリヂストン「東京オートサロン2019」に出展

©オートックワン株式会社

ブリヂストン「東京オートサロン2019」に出展

ブースには「POTENZA」を装着したSUPER GT車両も

ブリヂストンは2019年1月11日~同年1月13日の3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に出展する。ブースでは、国内外における様々なモータースポーツ活動を足元から支える同社のスポーツタイヤブランド「POTENZA」を中心とした展示が予定されている。

POTENZA/モータースポーツ展示

ブリヂストン「東京オートサロン2019」に出展

2018年に発売したプレミアムスポーツタイヤ「POTENZA S007A」をはじめとする「POTENZA」ブランドの様々なタイヤが展示されるほか、「POTENZA」のレーシングタイヤを装着したSUPER GTのGT 500クラスで活躍する「LEXUS TEAM KeePer TOM'S」の車両や、プレミアムスポーツカー向けの新車装着タイヤ「POTENZA S007」を装着した「Aston Martin DB11 AMR」も展示される。

トークショー

2019年1月13日12時から同社ブースにおいて、北米「Verizon IndyCar Series」で2017年にインディアナポリス500マイルレース(インディ500)で優勝し、2018年もシリーズ第16戦で優勝を果たした佐藤琢磨選手のトークショーが開催される。その他にも、「SUPER GT」「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」「ジムカーナ」の参戦ドライバーなど、数多くのゲストを招いてのトークショーを通じて、モータースポーツの楽しみ方やタイヤの重要性なども紹介。ゲストやスケジュール等の情報は、同社ウェブサイトにて掲載。