勤労統計問題、過少は数百億円規模

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省の「毎月勤労統計」の問題で、統計を基に算定された過去の失業給付や労災給付の過少支給が数百億円規模に上ることが10日、政府関係者への取材で分かった。