漢検5級まで学習できる小学生向けアプリ、漢検協会が無料提供

©株式会社イード

いちまると旅しよう!しりもじ漢検

日本漢字能力検定協会(漢検協会)は2019年1月16日、漢検10~5級の漢字の学習ができるアプリ「いちまると旅しよう!しりもじ漢検」の配信を開始する。登場キャラクターとコミュニケーションを取ったりしながら、楽しく継続して漢字を学習することができる。

「いちまると旅しよう!しりもじ漢検」は、漢検協会初の漢字学習アプリ。ただ漢字問題を解くだけではなく、キャラクターと会話やハイタッチなどでコミュニケーションを取ったり、着せ替えアイテムを手に入れたりしながら、楽しく継続して漢字を学習することができる。

アプリでは、協会公式キャラクター“いちまる”と一緒に漢字を学習しながら、いちまるの家族を探す旅に出るストーリーを展開。日本を舞台にした6つのエリアがあり、それぞれ漢検10~5級のレベルになっている。1つのエリアにつき20ステージが3面。さらに、春・夏・秋・冬とシーズンもあり、順に難しくなっていく。日本各地の名所や名産が随所に現れ、各地域の文化を感じながら学ぶことができる。

出題はすべて、累計発行部数44万部を突破する漢検協会発行の小学生向け問題集・いちまるシリーズ「いちまるとはじめよう!わくわく漢検」を使用。わからない漢字が出てきたら、いちまるから「しりもじ」でヒントをもらい、次々と学習を進めることができる。

問題の正解数に応じてもらえるスターやコインは、新しいキャラクターや着せ替えアイテムと交換できる。また、自分で作成したいちまるの「しりもじ」アニメーションをSNSでシェアする機能もあり、友達や家族にしりもじでメッセージを送ることも可能。

アプリ価格は無料。ただし、広告なしアプリは360円(税込)。

◆いちまると旅しよう!しりもじ漢検

配信開始日:2019年1月16日(水)

価格:無料

※広告なしアプリは360円(税込)

対応端末:iOS10以上およびAndroid6以上対応スマートフォン

※最新OSの場合、対応に時間を要する場合がある

対応言語:日本語

対応地域:全世界

企画製作・配信:日本漢字能力検定協会

桑田あや