教え子だった女子高生とみだらな行為 中学教諭を懲戒免職

©株式会社神奈川新聞社

 横浜市教育委員会は10日、教え子だった女子高校生とみだらな行為をしたとして、市立中学校の20代男性教諭を懲戒免職にした、と発表した。

 市教委によると、男性教諭は、中学校の卒業式後から女子高校生と無料通信アプリLINE(ライン)で連絡を取り合うようになり、2017年4月に2度みだらな行為をした。

 女子高校生が、在籍している高校の教諭に、男性教諭とのラインの内容を相談したのがきっかけで発覚したという。

 市教委の渋谷治雄教職員人事部長は「教員としてあるまじき行為であり、極めて許しがたい。市民の信頼を取り戻すべく、再発防止に向けて全力で取り組む」とコメントした。

横浜市役所