雅子さま、講書始取りやめ

37度台前半の微熱

©一般社団法人共同通信社

 宮内庁は10日、皇太子妃雅子さまに37度台前半の微熱を伴う症状があることから、11日に皇居・宮殿「松の間」で予定されている新春恒例の「講書始の儀」への出席を取りやめられると発表した。

 講書始の儀は、天皇、皇后両陛下や皇族らが年頭に当たり、さまざまな学問の第一人者から講義を受ける儀式。雅子さまは昨年の講書始に、15年ぶりに出席していた。