J1神戸 ホーム戦で完全キャッシュレス化 キャンペーンも

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞NEXT

 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は10日、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)の主催試合でチケットやグッズ、飲食物の全ての販売で現金を受け付けず、完全キャッシュレス化すると発表した。「スマートスタジアム構想」として展開し、同じく楽天が親会社で、仙台市を拠点とするプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスも導入。Jリーグ、プロ野球を通じて日本初の取り組みとしている。

 支払いは4方式。スマートフォンのアプリ決済サービス「楽天ペイ」と電子マネー「楽天Edy(エディ)」に加え、各種クレジットカードとデビットカードを対象とする。

 現金しか持ち合わせていない場合はスタジアムの2カ所に設ける窓口で対応し、事前に入金して使うEdyカードを貸し出すか販売する。ホーム開幕戦に限っては、同カードを入場者全員に無料で贈る。

 また、シーズン中はキャンペーンを展開。楽天ペイの支払いに限り、ビールやソフトドリンクの代金を100円引きとし、グッズ販売では購入額の10%をポイントとして還元する。

 完全キャッシュレス化はJ1神戸が主催するホームゲームのみで、他の競技は対象外となる。(有島弘記)