柿崎(盛岡中央高)大回転初V アルペン県選手権

©株式会社岩手日報社

男子大回転 丁寧なターンで加速し、初優勝した柿崎直希(盛岡中央高)=八幡平市・八幡平リゾート下倉スキー場

 全日本スキー連盟(SAJ)B級公認第59回県スキー選手権アルペン競技会最終日は10日、八幡平市の八幡平リゾート下倉スキー場で男女の大回転が行われ、男子は柿崎直希(盛岡中央高2年)が初優勝した。女子は畠山睦美(専大4年、平舘高)が制し、初日の回転と合わせて2冠を達成した。

 柿崎は1回目56秒93、2回目56秒34、合計タイム1分53秒27で滑り、2位の下川原涼太(平舘高3年)に0秒04差で競り勝った。畠山は1回目59秒34秒、2回目58秒92の合計1分58秒26で、2位に0秒86差をつけた。