ヤクルト入団の吉田大選手「1軍目指す」 地元浦安で抱負語る

©株式会社千葉日報社

内田市長(左)にプロ入りを報告した吉田選手=浦安市役所

 2018年プロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから8位指名を受けた浦安市出身の吉田大成選手(23)が、同市役所を訪れ、内田悦嗣市長にプロ入りを報告した。

 吉田選手は中学時代、浦安リトルシニアに所属。佼成学園高校、明治大学を経て18年まで明治安田生命硬式野球部で活躍してきた。ヤクルトでは内野手として登録された。

 出迎えた内田市長は「プロになる夢をかなえたのがすばらしい」と絶賛した上で、「また活躍して成果を報告に来てほしい。私も球場へ応援に行きます」と期待した。

 吉田選手は「夢がかなった時はすごく嬉しかったけど、家族や周りの人たちが喜んでくれたことがもっと嬉しかった」とドラフト指名を受けた当時を振り返り、「開幕1軍入りと1軍定着を目指したい」と今後の目標を語った。