パ・リーグ新人に聞く「対戦したい選手は?」 1位はフルスイングが代名詞の強打者

©株式会社Creative2

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

第3位までは全て投手 ルーキーで唯一ランクインしたのは…

 今年度も多くのルーキーが、プロ野球界の門を叩いた。アマチュア時代の名声も、独立リーグ・社会人野球での栄光も、ここでは意味を成すかどうか誰にも分からない。これから彼らが競い合う相手、その前に立ちはだかる相手は全て、彼ら自身が夢見た場所で戦い続けてきた「プロ野球選手」だからだ。

 そこで、パ・リーグの2019年度新入団選手が、ようやく辿り着いたプロの世界で「対戦してみたい」と望む選手はいったい誰なのか? 支配下37選手にアンケートを実施し、「パ・リーグで対戦してみたい選手ランキング」を調査した。

「対戦したい選手ランキング」第5位は、新人で唯一ランクインした北海道日本ハム1位・吉田輝星投手だ。投票したのは、ともに同世代のオリックス1位・太田椋内野手と千葉ロッテ4位指名・山口航輝外野手。山口は、同じ秋田県でしのぎを削ったライバル・吉田輝に「2018年の夏の大会(秋田大会決勝)で打てずに負けたので、借りを返したい」と、熱いメッセージを送った。

 4位には福岡ソフトバンクの嘉弥真新也投手が登場。オリックス5位・宜保翔内野手は、「同じ沖縄県出身。(嘉弥真投手は)左のワンポイントなので、自分もワンポイントに嫌がられるようなバッターになって、ヒットを打ちたい」と、鷹の左キラーとの具体的な対戦イメージも語ってくれた。

 3位には東北楽天の絶対的エース・則本昂大投手が入った。福岡ソフトバンク3位・野村大樹内野手は、「回転が効いた素晴らしいストレートを投げている。奪三振率も高く、自分がどれだけ通用するのか見極めたい」と、一流の球で力試しをしたいとのこと。同2位・杉山一樹投手は「ダイナミックに身体を使って相手をねじ伏せる」姿に「すごく魅力を感じている」と言う。

第1位にはソフトバンク柳田が選出、「フルスイング」と勝負したいルーキー多数

「対戦したい選手」第2位は、10年ぶりにパ・リーグを制覇した埼玉西武不動の4番で、ホームラン王・リーグMVPに輝いた山川穂高選手だ。山川に投票した東北楽天8位・鈴木翔天投手は「同じ(富士)大学出身で、今年ホームラン王をとっている」と理由を説明。その他、投手から人気を集めた。

 もっとも多くのルーキーから名前を挙げられ、「対戦したい選手ランキング」第1位に輝いたのは、「球界を代表するバッター。自分のベストボールを投げて打ち取れたら」(埼玉西武1位・松本航投手)、「自分の力が通用するかチャレンジしてみたい」(北海道日本ハム3位・生田目翼投手)と、ドラフト上位の投手から対戦を待ち望む声が相次いだスラッガー、福岡ソフトバンク・柳田悠岐外野手だ。

「必ずフルスイングをしてくるので、負けないよう強気のピッチングで抑えたい」(オリックス3位・荒西祐大投手)、「フルスイングでくるので、僕も全力投球で」、(同4位・富山凌雅投手)、「どのボールでもフルスイングする。自分も最高の腕の振りで勝負したい」(東北楽天5位・佐藤智輝投手)と、「フルスイング」というワードが頻出した。

 惜しくもランク外となったものの、一部名前が挙がった選手と、ルーキーがその選手を選んだ理由も紹介していきたい。未知の部分が多いルーキー自身の人となりと、対象の現役選手とのエピソードが見えてくる回答も多かった。

 プロの舞台で華々しい活躍を続けている一流どころと「対戦したい」ルーキーは、「どれだけすごいのか体感したい」という理由が多いようだ。千葉ロッテ1位・藤原恭大選手は、福岡ソフトバンク・サファテ投手と対戦したいそうだが、「高校のOBから、“サファテはえぐい”、“ボールが見えない”という話をよく聞く」らしい。身近にプロ野球選手がいる名門校出身らしい回答と言えるかもしれない。

 アマチュア時代または前所属チームで親交があり、自身よりも先にプロ入りした選手と対戦したいと意気込むルーキーも多かった。東北楽天7位・小郷裕哉外野手は、2年先輩のオリックス・黒木優太投手のことを「(立正)大学時に自分を変えてくれた人」と表現する。「同じプロのステージで対戦してヒットを打って、成長した姿で恩返ししたい」そうだ。

 北海道日本ハム4位指名・万波中正外野手は福岡ソフトバンク・増田珠内野手へ「(横浜)高校時代ずっと一緒にプレーしてきて、今も一番意識している」とコメント。埼玉西武3位・山野辺翔内野手は桜美林大学時代の同級生、千葉ロッテ・佐々木千隼投手の名前を挙げ、「彼はドラフト1位でプロに行って勝っている。プロという素晴らしい舞台で対戦したい」と明かした。このように、かつてのチームメイト同士の絆を感じさせる回答も多かった。本人たちが待ち望む「夢の対決」は、ファンにとっても楽しみなものになるだろう。

 東北楽天6位・渡邊佳明内野手は、千葉ロッテ・涌井秀章投手と対戦したいそうだが、その理由は「高校が同じで、小学生のとき遊んでもらった。成長したところを見てほしい」とのこと。名門・横浜高校の渡邉元智前監督を祖父に持つ渡邊選手らしい回答だった。

アマチュア時代に対戦しプロでリベンジを誓うルーキーも

 プロになる前の段階で対戦経験があり、そこでの借りを返したいと言うルーキーもいた。福岡ソフトバンク6位・泉圭輔投手は、千葉ロッテ・岩下大輝投手と「(金沢西)高校のときに1回投げ合い」、「ノーヒットノーランを食らった」そうだ。「(今でも岩下投手には)悪いイメージしかないが、さすがにホークスの打線ならノーヒットノーランはないと思うので、自分も抑えてなんとか勝ちたい」と力を込める。

 同じく埼玉西武6位・森脇亮介投手も、千葉ロッテ・酒居知史投手に「(塔南)高校3年の夏の大会で投げ合って負けたので、次は勝ちたい」とリベンジを誓う。高校野球ファン垂涎モノの「因縁の対決」が実現する日が、今から待ち遠しくなる。

 また、「対戦したい選手」に特定の選手の名前を挙げなかったルーキーも少なからずいた。東北楽天1位の辰己涼介外野手と同2位の太田光捕手は、ともに「皆様」と回答。「どの投手もプロ選手であるため」(辰己)。「素晴らしいピッチャーしかいないと思うので、全員から打ちたい」(太田)とのことだった。「パ・リーグ インサイト」馬塲呉葉

(記事提供:パ・リーグ インサイト)