バルセロナ、ネイマール買い戻しのため?コウチーニョ売却へ

©株式会社コリー

『Mirror』は10日、「バルセロナは、ネイマールを復帰させるためにフィリペ・コウチーニョを売却することを検討している」と報じた。

昨年リヴァプールから1億4200万ユーロ(およそ182.5億円)で獲得したコウチーニョであるが、バルセロナではこのところレギュラーの座を失っている。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ウスマヌ・デンベレの成長、さらにイヴァン・ラキティッチの継続的な活躍とアルトゥールの定着で、コウチーニョの必要性はやや下がっている。

そしてバルセロナは、彼を売却することによって、かつて所属していたネイマールをPSGから買い戻すというウルトラCを考えているそうだ。

それを仲介しているのはブラジル方面スカウトのアンドレ・クリー氏で、彼はすでにネイマールの取引に関わった大物代理人のピニ・ザハーヴィ氏とも接触しているという。

PSGは現在ファイナンシャル・フェアプレーの問題でスター選手を売却しなければならない状況にあるとも言われている。もしそれが真実であれば、今夏のマーケットで何らかの動きもあるのか…。