全トヨタ労連、要求方針を決定

ベア実質3千円以上

©一般社団法人共同通信社

 トヨタ自動車グループの労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会(314組合、35万1千人)は11日、東京都内で中央委員会を開き、2019年春闘で実質3千円以上のベースアップ(ベア)を要求する方針を決定した。子育て世代や高齢者が働きやすい環境にする「人への投資」を求めることも盛り込んだ。

 方針ではベアや定期昇給維持分を合計した賃上げ総額を重視するとした。年間一時金(ボーナス)は5カ月以上を求める。鶴岡光行会長はあいさつで、深刻化する人手不足に触れ「人材確保の観点からもそれぞれの組合に即した賃金制度を構築しないといけない」と強調した。