国仲涼子:ドッキングワンピでシンプル&華やかに 存在感ある小物を合わせて

©株式会社MANTAN

ドラマ「ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~」の会見に登場した国仲涼子さん

 俳優の国仲涼子さんが10日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた同局のドラマ「ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~」(NHK総合で12日午後9時から)の会見に登場した。透け感のある黒いブラウスとゴールドのプリーツスカートが一体になったドッキングワンピースに、存在感のあるイヤリングとパンプスを合わせたシンプル&華やかないでたち。細いベルトでウエストマークし、品良くまとめていた。会見には濱田岳さんも登場した。

 ドラマは、ベトナムで15年以上無償医療を続けている眼科医の服部匡志さんの実話を基にしたハートフルストーリー。「神の手」と呼ばれる眼科医の羽鳥志郎(濱田さん)は、ある学会でベトナム人医師から「私たちを助けてほしい」と呼び止められる。志郎は熱意に負け、ボランティアとしてベトナムに赴いた。医療環境の悪さと文化の違いに戸惑いながらも失明寸前の少年を救ったことで、ベトナム人医師との絆は強まったが、約束の3カ月が終わりを告げようとしていた……というストーリー。国仲さんは志郎の妻・結衣を演じた。