米消費者物価0.1%下落

12月、9カ月ぶりマイナス

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米労働省が11日発表した2018年12月の消費者物価指数(季節調整済み)は、前月と比べ0.1%下落した。18年3月以来、9カ月ぶりの低下。原油先物相場の下落で、ガソリンなどが値下がりしたのが影響した。前年同月比(季節調整前)では1.9%上昇した。

 前月比の品目別では、食品価格が0.4%上昇、エネルギー価格は3.5%下がった。

 月ごとの変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は0.2%上昇。前年同月比では2.2%上昇した。