リンガーハット 新社長に佐々野氏

©株式会社長崎新聞社

 本県発祥の外食チェーン大手リンガーハット(東京)は11日、取締役会を開き、秋本英樹代表取締役社長(65)が退任し、後任に佐々野諸延取締役(58)=長崎市出身=を昇格させる人事を決めた。3月1日付。
 同社によると、秋本氏が社内規定では定年となる年齢に達したのを機に、2期4年の任期満了で交代する。いったん代表権のない取締役となり、5月下旬に取締役も退く予定。
 米濱和英代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)は留任する。
 同社は国内外で、長崎ちゃんぽんをメインにした「リンガーハット」(SOBAYA含む)を681店舗、とんかつ専門の「とんかつ濱かつ」(卓袱(しっぽく)浜勝、とんかつ大學含む)を104店舗展開している。

 【略歴】佐々野 諸延氏(ささの・さかえ)熊本商科大(現熊本学園大)商学部卒。83年リンガーハット。12年5月から取締役。

佐々野 諸延 氏