ヴィジョンとスカーレット・ウィッチのTVシリーズが進行中

©株式会社近代映画社

マーベルのTVシリーズが着々と進行中。このたび、人気キャラ2人の活躍を描くシリーズ「ヴィジョンとスカーレット・ウィッチ」Vision and Scarlet Witch の脚本家候補が判明。

準備中の「ブラック・ウィドウ」も手掛ける予定の女流脚本家ジャック・シェーファーが候補だと報じられた。主演は映画版でこのキャラを演じたポール・ベタニーとエリザベス・オルセン。このシリーズが、ディズニー+で放送されるマーベル作品の第1弾になる。放送開始時期は未発表。
マーベルでは他に、ロキが主人公のシリーズと、ファルコンとウィンター・ソルジャーのコンビを描くシリーズが進行中で、後者は、TV「Empire 成功の代償」のマルコム・スペルマンが脚本を執筆している。すべて映画版でこのキャラクターを演じている俳優たちが出演する。