おいしい紫波情報知って 冊子作製、54飲食店紹介

©株式会社岩手日報社

紫波町商工会が発行した冊子「町グルメMAP」

 紫波町商工会(橘冨雄会長)は、冊子「町グルメMAP」を作製した。第3弾の今回は、過去最多となる町内54の飲食店を掲載。おすすめ料理や店内の写真に加え、多様な業種の企業情報も掲載しており、若者の地元就職にも役立ててもらう。

 A5判カラーで70ページ。飲食店は町内を中央、オガール、日詰商店街、東西南北の7エリアに分けて掲載。和食や中華、洋食など多様な店舗の店主や人気の料理、店内の雰囲気が伝わる写真で紹介している。スマートフォンのアプリを使うと店舗の動画を見ることができるほか、2次元コード(QRコード)からスマホで冊子を見ることもできる。企業情報は32社を取り上げた。

 約4千部発行し、掲載店や町内宿泊施設、町役場などで無料で手に入れることができる。三つの掲載店を巡り、冊子に付いている専用はがきにそれぞれの店のスタンプを押して応募すると、3千円分の食事券が当たるスタンプラリーも実施している。