【プレミアリーグ】ポチェティーノがスールシャールの手腕を称賛「ファーガソン時代のよう」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

今のユナイテッドはファーガソン時代のようだと称賛したポチェティーノ

プレミアリーグ第22節でトッテナム・ホットスパーとマンチェスター・ユナイテッドによるビッグマッチが控えている中、マウリシオ・ポチェティーノ監督は現在のユナイテッドの好調ぶりを称賛。サー・アレックス・ファーガソン時代のような強さがあると語った。

【プレミアリーグ】好調同士のビッグマッチが実現!自慢の攻撃力で打ち合い必至⁉ 第22節プレビュー ~Part3~

ファーガソン氏は先日、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督率いるユナイテッドの練習場を訪れ、選手やスタッフに激励の言葉を贈った。ポチェティーノ監督はファーガソン氏が健康状態であることに喜びを示し、「(ファーガソン氏の練習場訪問について)素晴らしいニュースだね。彼とはつまりフットボールを意味する。彼が関わるということは非常に重要な事だ。病気が完治した際にメッセージを送ったか?もちろんイエスだ。彼と私が親交があることは隠すことができないね。2016年にはロンドンでランチをした。フットボールを愛する人間としては名誉な事だったよ。」

またポチェティーノ監督は、スールシャール暫定監督との関係に因縁はないとし、ユナイテッドの好調さを評価した。「すべての噂を信じるべきではない。私はスールシャールだからと言って特別な動機は持たないよ。最も重要なのは、私たちの仕事を最大限こなしていくための動機を持つことだ。もちろん今のユナイテッドの勝つようになって来たし、高いモチベーションを維持している。まるでファーガソンの頃のようだ。私たちにとって今節は大きな挑戦となるだろう」。