阪神大震災追悼、明かり各地へ

神戸のガス灯から

©一般社団法人共同通信社

「1.17希望の灯り」の分灯で、ろうそくに火を移す子ども=12日午後、神戸市の東遊園地

 阪神大震災の犠牲者を追悼するため神戸市の東遊園地にともされているガス灯「1.17希望の灯り」の火を各地の学校などで開かれる追悼行事に分ける「分灯」が12日、始まった。震災で亡くなった人へ思いをはせてほしいとの願いが込められており、17日まで続く。

 この日は小中学校や市民グループ計約30団体が参加。希望の灯りからろうそくに火を移し、それぞれがランタンに明かりをともした。兵庫県加古川市立氷丘中2年の松本心さん(14)は「生まれる前にあった震災の教訓を学校で受け継いでいきたい」と話した。