霧に包まれた鳳凰古城 湖南省 

©新華社

霧に包まれた鳳凰古城 湖南省 

 10日に撮影した鳳凰古城のシンボル的存在、沱江にかかる「虹橋」。(小型無人機から)(長沙=新華社配信/陳沢国)

 【新華社長沙1月12日】雨が止むと、中国内陸の湖南省西部にある古い町並みをそのまま残した鳳凰(ほうおう)古城は、霧にすっぽりと覆われた。夏に観光客で賑わった面影は見られないが、静けさと安らぎに包まれ、独特の雰囲気を醸し出している。

霧に包まれた鳳凰古城 湖南省 

 10日、空から見た雨上がりの鳳凰古城。(小型無人機から)(長沙=新華社配信/陳沢国)

霧に包まれた鳳凰古城 湖南省 

 10日、鳳凰古城を散策する観光客。(小型無人機から)(長沙=新華社配信/陳沢国)

霧に包まれた鳳凰古城 湖南省 

 10日、空から見た鳳凰古城の一角。(小型無人機から)(長沙=新華社配信/陳沢国)

霧に包まれた鳳凰古城 湖南省 

 10日、空から見た雨上がりの鳳凰古城。(小型無人機から)(長沙=新華社配信/陳沢国)

霧に包まれた鳳凰古城 湖南省 

 10日、空から見た鳳凰古城の一角。(小型無人機から)(長沙=新華社配信/陳沢国)