大相撲初場所でPV 土浦市役所 13日から

©株式会社茨城新聞社

大相撲初場所(13〜27日、東京・両国国技館)で進退を懸ける横綱稀勢の里関=牛久市出身、田子ノ浦部屋=や、初優勝を目指す大関高安関=土浦市出身、同=を応援しようと、土浦市は初日の13日から、同市大和町の市役所を会場にパブリックビューイング(PV)を行う。市は市民の応援観戦を呼び掛けている。

PVは市役所1階の市民ラウンジに、大型スクリーンのプロジェクターを用いて設置される。期間は27日までの15日間で、午後5時から終了まで行う。観覧は無料。

市商工観光課はPV設置について「土浦の名を全国に広めるとともに、優勝を期待し、市民一丸となって応援したい」と説明している。

牛久市牛久町のエスカード牛久でも場所中の初日から15日間、街頭テレビで大相撲中継を放送する。