メクル第336号 火遊びはしません! 南島原・有家小 消防出初め式参加

©株式会社長崎新聞社

 南島原市有家(ありえ)町の商業施設(しせつ)「ありえツインプラザ」の駐車(ちゅうしゃ)場などで5日にあった消防(しょうぼう)出初(でぞ)め式で、市立有家小の児童らが行進し、防火・防災(ぼうさい)への決意を新たにしました。
 行進は消防団(だん)や消防署(しょ)、婦人(ふじん)消防クラブなどから総勢(そうぜい)約950人が参加。保育(ほいく)所の園児や有家小校区少年消防クラブの児童は「火遊びをしません」と松本政博(まつもとまさひろ)市長らに向かって誓(ちか)い、観客の前を元気に歩きました。
 同クラブの副団長をつとめる6年生の藤原凰多(ふじわらこうた)君(12)は「火災はこわいのでなくしたい。防火について勉強して、周りの人に伝えたい」と話しました。ありえコレジヨホールで式典があり、有家漁港では消防団員による一斉(いっせい)放水の訓練もありました。

出初め式で行進する児童たち=南島原市有家町