京都・三十三間堂で「通し矢」

晴れ着の新成人腕前競う

©一般社団法人共同通信社

弓の伝統競技「通し矢」に由来する大的全国大会で、矢を放つ新成人たち=13日午前、京都市の三十三間堂

 京都市東山区の三十三間堂で13日、弓の伝統競技「通し矢」に由来し、新成人が腕前を競い合う大的全国大会が開かれた。寒空の下、振り袖にはかま姿の女性や道着姿の男性ら約1600人が、約60メートル先の的を狙って次々と矢を放った。

 山口県岩国市出身の女子大生(19)は「弓道をやっていた母の着物を借りて参加した。これまで育ててくれたことに感謝し、新成人として頑張りたい」と話した。

 京都府弓道連盟によると、通し矢は江戸時代に盛んになり、武士が本堂の長さ約120メートルの軒下で、一昼夜で射通した矢の数を競った。大的全国大会は新成人に参加資格があり、一般の部もある。