肥後象がん、受刑者継承 高い技術力で受賞も 熊本刑務所

©株式会社熊本日日新聞社

熊本刑務所の受刑者が刑務作業で制作した肥後象がん。手前の鍔は製品開発コンクールで優秀賞を受賞した
昨年11月に熊本刑務所であった熊本矯正展で展示販売した肥後象がん。ネクタイピンやカフスなどが並んだ​

 熊本刑務所(熊本市中央区)の受刑者が刑務作業で制作する肥後象がんが、コンクールで表彰されるなど高い評価を得ている。技術力の高さは、プロの象がん師も認めるほどで、同所が毎年1回開く全国の刑務作業品の展示即売会「熊本矯正展」でも人気を集めている。

 刑務作業は、受刑者に規則正しい生活を行わせることで勤労意欲の向上や、社会復帰後の技能習得を図る目的。熊本刑務所では、約400人の男性受刑者が肥後象がんのほか、家具や剣道防具、農業用一輪車などを制作している。

 同所によると、肥後象がんの制作は1988年に始まった。当初は「現代の名工」で県指定無形文化財保持者の肥後象がん師、故田辺恒雄氏が受刑者に直接指導。その技法は受刑者に代々継承され、現在は30~70代の男性4人がネクタイピンや刀の鍔[つば]、ペンダントなどを作っている。

 受刑者は平日に1日約6時間作業。担当の男性看守は「集中して黙々と取り組んでいる。自分たちでデザインを考えることがやる気につながっているようだ」と言う。昨年11月には九州の刑務作業製品の製品開発コンクールで、熊本城や桜、龍虎などを描いた鍔3点が優秀賞を受賞した。

 受賞作を手掛けた30代の受刑者は「作品を見て喜んでくれる人がいるのはやりがいになる」と話す。田辺氏から直接指導を受けた70代の受刑者は「やればやるほど奥が深い」と制作の難しさと魅力を口にする。

 受刑者たちの作品について、プロの肥後象がん師の関維一[つなかず]さん(77)=熊本市北区=は「素晴らしい出来栄え。しっかりした技術があり、私たちの目から見てもレベルが高い」と評価する。

 作品は所内でも販売しており、オーダーメードも受け付けるという。熊本刑務所は「世間で途絶えた伝統工芸が刑務所で受け継がれている例もある。肥後象がんの技法もしっかりと継承するとともに、受刑者の更生に役立てていきたい」としている。(社会部・前田晃志)

(2019年1月13日付 熊本日日新聞朝刊掲載)