東京オートサロン2019で伝統受け継ぐ2019年RAYBRIGレースクィーンが発表

©株式会社サンズ

 1月12日、カスタムカーショー「東京オートサロン2019」のRAYBRIGブースで、スーパーGTに参戦するTEAM KUNIMITSUのレースクイーン『RAYBRIGレースクィーン』が発表された。

 2018年のスーパーGT500クラスでチーム創設以来初めてのチャンピオンを獲得したTEAM KUNIMITSU。2019年も山本尚貴/ジェンソン・バトンのペアが継続し、カーナンバー1をつけて2連覇を目指す。

 1月11日にから幕張メッセで開催されている東京オートサロンに出展しているRAYBRIGブースでは、カーナンバー1をつけたRAYBRIG NSX-GTが展示。マシンのカラーリングは恒例の“テスト専用カラー”だ。

テスト専用のカラーリングが施されたRAYBRIG NSX-GT

 チームのレースクイーンを務めるRAYBRIGレースクィーンも毎年オートサロンで発表されるのが恒例となっており、2019年のレースクイーンを務めるふたりが1月12日に発表された。

 多くのファンがブースに駆け付け、RAYBRIGレースクィーン発表会がスタートする。まずは2018年のRAYBRIGレースクィーンを務めたはらことはさんと北川みこさんがMCに呼ばれ登壇。

 そして、今回もまずはパネルで2019年メンバーが発表された。

 2019年のRAYBRIGレースクィーンを務めるのは、昨年レースクイーンデビューした相沢菜々子さんとレースクイーン3年目となる沢すみれさん。ふたりとも週刊誌などでグラビアも飾るなどレースクイーン業界だけでなく多メディアから注目を浴びている。

2019年のRAYBRIGレースクィーンを務める沢すみれさんと相沢菜々子さん

 発表会では、沢さんがステージに登壇し、伝統のRAYBRIGレースクィーンを務める心境を語った。

「2019年RAYBRIGレースクィーンを務めさせていただくことになりました沢すみれと申します。伝統あるチームですし、昨年のチャンピオンチームということで、すごく強いプレッシャーを感じているのですが、本当に本当に嬉しいです」

「みなさんに認めていただけるようなRAYBRIGにふさわしいレースクイーンになれるように頑張りますので一年間よろしくお願いします」

 連覇を目指すTEAM KUNIMITSU。伝統のRAYBRIGレースクィーンを受け継ぐふたりの活躍にも注目だ。

2019年レースクイーン発表には多くのファンがブースに駆け付けた
2019年のRAYBRIGレースクィーンを務める沢すみれさん