愛知が8人抜きの快走で首位に立つ!【2区・第37回全国女子駅伝】

©株式会社ookami

陸上 試合サマリー

第37回全国女子駅伝は2019年1月13日(日)に行われている。全9区間を中学生、高校生、実業団を含めた各県の代表チームが駆け抜ける。

2区は4kmのショート区間。先頭でタスキを受けた長崎が先頭でレースを進める。2位の高知は3位グループに飲み込まれ先頭を追う形に。距離が進むに連れ先頭の長崎との差がじわじわとつまる。残り250mを切ったところでスパート合戦。8人抜きの快走を見せた愛知の藤中が先頭でタスキリレー。高校生が活躍した。

1区

有力ランナーがそろった1区だが序盤は牽制しあいスローペースが続く。3kmをすぎたころには昨年と同じペースに戻る。レースを引っ張るの長崎の高校生廣中、秋田の大学一年生鈴木と学生コンビ。有力実業団選手を従えてレースを進める。終盤になると廣中がスパート。鈴木もついていくが徐々に離される。その中満を持して高知の鍋島がスパート。後続を突き放すかと思われたが、廣中がしっかりとついていく。ラストの坂で廣中が逆に鍋島を突き放し見事区間賞を獲得した。

第37回全国女子駅伝の速報は詳細をご覧ください。

詳細を確認する