晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で通し矢

©一般社団法人共同通信社

京都市東山区の三十三間堂で13日、弓の伝統競技「通し矢」に由来し、新成人が腕前を競い合う大的(おおまと)全国大会が開かれた。寒空の下、振り袖にはかま姿の女性や道着姿の男性ら約1600人が、約60メートル先の的を狙って次々と矢を放った。

記事詳細 https://www.47news.jp/national/lifestyle-interest/3166907.html