ロ、日本が共同会見拒否と批判

外相会談前に情報局長

©一般社団法人共同通信社

 【モスクワ共同】ロシア外務省のザハロワ情報局長は、14日にモスクワで行われる日ロ外相会談の後に共同記者会見を開くことを日本側が拒否したと明らかにし「不可解で矛盾している」と批判した。13日放映のロシア国営テレビ番組での発言をタス通信が伝えた。

 14日の会談後に、両外相による共同記者会見は予定されていない。

 ザハロワ氏は同テレビの別の番組で、ラブロフ外相が14日の会談後に単独で記者会見し、日ロ平和条約交渉の問題にも触れると説明。一方、日本側は13日になり、外国メディアに対し、会談後に記者説明を行うと連絡してきたと指摘した。