長崎でナイスハートバザール 障害者の力作ずらり

©株式会社長崎新聞社

 県内外の障害者施設の利用者が作った商品を展示即売する「全国ナイスハートバザール2018in長崎」が13日、長崎市尾上町のJR長崎駅かもめ広場で始まった。17日まで。
 全国社会就労センター協議会、県社会就労センター協議会、県社会福祉協議会などの主催。1984年から全国各地で開かれ、本県開催は最多の8回目。
 会場には県内の障害者支援施設など29施設から約1万1千点、県外の23施設から約3500点が出品された。カラフルな携帯電話のケースやポーチ、木工品、野菜やパンなどの食材が並び、通行人が足を止めて品定めしていた。
 県社会就労センター協議会の江口司会長は「社会参加と自立を目指して頑張っている障害者の作品を見て、知って、触ってほしい」と来場を呼び掛けている。

障害者の力作が並ぶ「全国ナイスハートバザール2018in長崎」=長崎市、JR長崎駅かもめ広場