サンチョの躍動にイングランドの若手興奮 ソランケ「みんなに効果与えてる」

©株式会社FACTORIES

リヴァプールから移籍したソランケ photo/Getty Images

若手育成に定評のあるユルゲン・クロップの下で成長できると考えていたはずだが、リヴァプールに所属していた21歳の大型FWドミニク・ソランケは出場機会を全く得ることができずボーンマスに移籍することになった。ソランケはチェルシー、リヴァプールでビッグクラブの壁を感じることになり、やや苦しいキャリアのスタートとなってしまった。

とはいえ落ち込んでいる暇はない。ドルトムントでプレイするジェイドン・サンチョのように自身よりも若い選手がトップチームで活躍し、イングランド代表入りを果たしているのだ。ソランケもA代表デビューは果たしているが、早くプレミアリーグで結果を出して代表に定着したいところだろう。

英『TalkSport』によると、ソランケもサンチョの活躍には刺激をもらっていると語っている。イングランドの若手はなかなかトップチームで出番を得ることができない苦しさを味わってきたが、今はサンチョが希望の星なのだ。

「サンチョの成功はみんなに効果を与えているよ。彼のように若手が上手くやっているのを見れば、自分たちもできると思える。特に代表で同じ世代でやってきた選手たちはね。サンチョはドイツで上手くやっているし、多くの選手が彼に続きたいと考えている。あれだけ若い年齢で代表に入ったのだから、多くの若手に影響を与えるだろう。全選手がプレイしたいと考えていると思う。自分が何をできるのか証明したいし、ボーンマスでのプレイを楽しみにしているよ」

サンチョのようにドイツに行けばチャンスをもらえるかもしれないと考える者も多いはずで、プレミアのトップクラブに残ろうとする若手は減るかもしれない。ソランケはボーンマスでのプレイを選択したが、リヴァプールを後悔させるようなパフォーマンスを見せられるか。