2棟炎上し85歳妻死亡 87歳夫もやけど 神奈川・小田原市

©株式会社フジテレビジョン

神奈川県と群馬県で、14日未明から朝にかけ、火事が相次ぎ、2人が死亡した。

午前8時ごろ、神奈川・小田原市東町で「煙が出ている」と、近隣の住民から119番通報があった。

火は、およそ1時間後にほぼ消し止められたが、出火した住宅と隣接する住宅の2棟が燃えた。

出火した住宅からは、高齢の夫婦が病院に搬送されたが、85歳の妻が死亡し、87歳の夫が気道に熱傷、やけどを負った。

警察と消防は、出火した当時の状況をくわしく調べている。