【ボリビア】会長にサウセドさん オキナワ移住地第一地域婦人会

©株式会社琉球新報社

 ボリビアのオキナワ移住地第一地域婦人会(仲里京美会長)は12月15日、オキナワ日ボ文化協会で、定期総会を開き、次期会長にサウセドまゆみさんを選出した。

 総会では、新年会や敬老会などの年間行事や決算の報告があった。仲里会長は「今年は沖縄県人入植110周年という大きな行事があり、至らないことや失敗などがあった。役員6人で最初は悩み、話し合い、大きな声で笑い合ってきた」と1年を振り返り、「本日はおいしい弁当や菓子、ゲームを用意している。楽しいひと時を過ごしほしい」と会員らにあいさつした。

 新役員には、次期会長のサウセドさんのほか会長補佐に城間ジョアンさん、副会長に比嘉正子さん、新城美智子さん、会計に金城悦子さん、野里みねかさん、書記に安里三奈美さん、補佐に比嘉順子さん、島袋恵子さんらが指名された。次年度は9人の役員体制で会を運営する。

 忘年会もあり、婦人会役員が用意したごちそうを囲み、会員らは歓談を楽しんだ。ビンゴゲームでは賞品当選のたびに歓声で会場が沸いていた。

 (安里玉元三奈美通信員)