サムスンが世界に先駆けインドで低価格スマホ発売へ、中国ブランドとシェア争う―英メディア

©株式会社 Record China

2019年1月14日、新浪財経は、韓国・サムスンがインドでの低価格スマートフォンの販売を展開し、小米(シャオミ)などの中国ブランドに挑むと英メディアが報じたことを伝えた。

ロイターによると、サムスンは低価格スマートフォンシリーズの世界展開の前にインドで発売し、小米などの中国ブランドと世界第2の携帯電話市場におけるシェア争いを繰り広げる計画だという。

同社がインドでの発売を計画しているのは「Mシリーズ」3機種で、公式サイトおよびAmazonでのみ販売するという。同社のインド法人モバイル部門責任者によると、ターゲットはミレニアル世代の消費者で、価格は1万~2万ルピー(約1万5400円~3万700円)の間とし、1月末には発売予定。インドでの発売後、全世界に向けても販売するようだ。

記事は、インドには10億人のモバイルユーザーがおり、国内にはまだスマートフォンを使っていない消費者も約3億5000万人いると紹介。このため同社ではインド市場への投資を強化しており、昨年には首都ニューデリー郊外に世界最大規模と称するスマートフォン工場を開設したほか、バンガロールにはやはり世界最大と称するショップも設けたと伝えている。

現在インドでは、25万の小売店や2000余りの専門店で同社の携帯電話が販売されており、2000カ所のサービスセンターがあるという。(翻訳・編集/川尻)