音声記録装置発見、インドネシア

昨年10月の旅客機墜落で

©一般社団法人共同通信社

 【ジャカルタ共同】189人が搭乗していたインドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエアの旅客機墜落事故で、ルフット調整相(海事)は14日、現場海域付近で捜索が続けられていたボイスレコーダー(音声記録装置)が発見されたと明らかにした。

 フライトレコーダー(飛行記録装置)は既に回収されて解析が続けられているが、操縦室内の音声を録音したボイスレコーダーが見つかったことで、事故原因解明へ進展が期待される。

 事故機は最新鋭機ボーイング737MAX8で、昨年10月29日早朝、ジャカルタを離陸してから13分後にジャカルタ北東の西ジャワ州カラワン県の沖合に墜落した。