2019アジア選手権 女子ケイリンで小林優香が優勝

©株式会社八重洲出版

インドネシア・ジャカルタにて2019年1月9日〜13日の日程で開催中の第39回アジア自転車競技選手権大会。1月13日(日)トラック競技 最終日は、男女マディソン、女子ケイリンなどが行われた。

女子マディソンはアジア大会の雪辱を晴らすべく梶原悠未/古山稀絵ペアが出場。レースでは、好位置でレースを進める古山からハンドスリングを受けた梶原が持ち前のスプリント力を生かす形を主に得点を重ね、韓国とマッチレースの状態で終盤へ。倍点となる最終フィニッシュのスプリントで韓国に先着し、日本はマディソンで連覇を果たした。

男子マディソンは窪木一茂/橋本英也のペアで出場。中盤で韓国と中国に先行を許し3位、銅メダルとなった。

女子ケイリンはスプリントと同じく小林優香と太田りゆが出場しともに決勝へ進出。決勝では目まぐるしく展開が動くなか、見事な追い上げを見せた小林が1着。五輪メダリストが複数存在し、レベルの高いアジア選手権女子ケイリンでは15年ぶりの日本人によるチャンピオンとなった。

女子ケイリン表彰式
小林優香はアジア選手権女子ケイリンで15年ぶりに金メダルを獲得した

●小林優香のコメント:
アジア選手権で初めて金メダルをとることができた。今大会は勉強になることもあり、次のワールドカップ、世界選手権にむけてしっかり仕上げていきたい。

●梶原悠未のコメント:
今までのアジアのレースとは全く異なる厳しいレース展開。それを二人で乗り越え勝てて本当にうれしい。

●古山稀絵のコメント:
今後のワールドカップでアジアチャンピオンジャージを着れることを誇りに思う。

2019年1月13日(日)レース結果

男子マディソン
1 韓国 81点
2 中国 41点
3 日本(窪木一茂・橋本英也)33点

女子ケイリン
1 小林優香(日本)
2 リー・ワイジー(ホンコンチャイナ)
3 ゾン・ティエンシー(中国)
4 太田りゆ(日本)

女子スクラッチ
8 鈴木奈央

女子マディソン
1 日本(梶原悠未・古山稀絵)28点
2 韓国 23点
3 ウズベキスタン 14点

男子ジュニアスオムニアム
5 高橋舜(日本)112

女子ジュニアケイリン
7 飯田風音(日本)

その他の種目結果

【text&photo: 日本自転車競技連盟

女子マディソン表彰式
日本の梶原悠未・古山稀絵が女子マディソンで金メダルを獲得した
男子マディソンは日本の窪木一茂・橋本英也が3位に入賞した

・第39回アジア自転車競技選手権大会
派遣期間:2019年1月5日(土)~1月14日(月)
大会期間:2019年1月8日(火)~1月13日(土)
開催場所:インドネシア・ジャカルタ

監 督:ブノア・ベトゥ(短距離ヘッドコーチ)、イアン・メルビン(中距離ヘッドコーチ)
ドクター:内田 彰子(強化医科学部会員)、寺門 厚彦(強化医科学部会員)
メカニック:森 昭雄(強化支援スタッフ)、齊藤 健吾(強化支援スタッフ)、高橋 優平(強化支援スタッフ)
マッサー:中山 真臣(強化支援スタッフ)木下 遥(強化支援スタッフ)
スタッフ:ジェイソン・ニブレット(強化支援スタッフ)、田畑 昭秀(強化支援スタッフ)、ロバート・スタンレー(強化支援スタッフ)、井上 純爾(強化支援スタッフ)、アリス・ボナミ(強化支援スタッフ)

選 手
<短距離ナショナルチーム>
脇本 雄太(JPCA JPCU福井)
河端 朋之(JPCA JPCU岡山)
渡邉 一成(JPCA JPCU福島)
新田 祐大(JPCA JPCU福島)
深谷 知広(JPCA JPCU愛知)
雨谷 一樹(JPCA JPCU栃木)
小林 優香(JPCA JPCU福岡)
太田 りゆ(JPCA JPCU埼玉)

<中距離ナショナルチーム>
近谷 涼(富山 チームブリヂストンサイクリング)
一丸 尚伍(大分 チームブリヂストンサイクリング)
橋本 英也(岐阜 JPCU岐阜/チームブリヂストンサイクリング)
沢田 桂太郎(宮城 日本大学/チームブリヂストンサイクリング)
窪木 一茂(福島 チームブリヂストンサイクリング)
中村 妃智(千葉 日本写真判定)
古山 稀絵(東京 日本体育大学)
橋本 優弥(岐阜 鹿屋体育大学)
梶原 悠未(茨城 筑波大学)
吉川 美穂(和歌山 Live GARDEN Bici Stelle)
鈴木 奈央(JPCA JPCU静岡)
※所属チーム名はリリース日に基づく。

日本自転車競技連盟(トラック競技)