但馬の冬の風物詩「岩のり」の摘み取り

©株式会社 サンテレビジョン

寒さが増す中、兵庫県但馬地域の日本海沿岸では、冬の風物詩となっている「岩のり」の摘み取り作業が行われています。

岩のりは波が打ち寄せる岩場に生え、12月から2月までが収穫期ですが、1月の「寒」に入ってから2月上旬までが最もおいしいとされています。

兵庫県香美町の今子浦の岩場では、地元の住民が訪れ岩のりの摘み取り作業に精を出しています。

この岩のり、温暖化の影響で、近年は収穫できる時期が遅くなっていて、生育量も、昔に比べて減ってきているということです。

摘み取ったのりは、それぞれ、家に持ち帰り、洗ってから天日で乾燥させ、板のりなどにして食べるということです。