ドラマみてスタンプラリー参加って新しい! 名古屋行き最終列車2019 デジタルスタンプラリー

©株式会社エキスプレス

これって意外とはまりそう……。それは、ドラマとスタプラリーの合体!

その名も、名古屋行き最終列車2019 デジタルスタンプラリー。

1月14日から始まる連続ドラマ「名古屋行き最終列車2019」と、名鉄電車、シヤチハタのデジタルスタンプの3者がコラボレートした企画で、開催期間は1月15日から4月7日まで。

この 名古屋行き最終列車2019 デジタルスタンプラリーは、あの松井玲奈主演のメ~テレ人気ドラマ「名古屋行き最終列車2019」のスタンプラリーで、1話放送ごとに1か所ずつ増えていくラリーポイント(名鉄の各駅)をめぐるというもの。

シヤチハタのデジタルスタンプラリーアプリ「iStamp」を使ってスタンプを集めるという仕組みで、ラリーポイントで集められるデジタルスタンプは、ドラマの出演者がデザインした個性あふれるオリジナル印影。ドラマにゆかりのある場所をめぐりながら、楽しくスタンプを集められる。

参加方法は、スマートフォンにシヤチハタのデジタルスタンプラリーアプリ「iStamp」をダウンロードし、ドラマ「名古屋行き最終列車2019」と連動して追加されるラリーポイントをめぐってデジタルスタンプを収集。

集めたスタンプの数により、先着や抽選で賞品をゲット。

名鉄賞はオリジナルキーホルダー、シヤチハタ賞はドラマ名入りアートラインBLOX カラー筆ペン蛍光3本と合格ケズリキャップのセット、10個クリア賞は、スタンプを10個全部集めた人からコース別に抽選。