西武山川、真横から撮影された「迫力満点」打撃練習が話題「スイングはやっ」

©株式会社Creative2

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

インスタで公開した動画は再生回数5万回超「このスイング何回でも見れます」

 西武の山川穂高内野手が13日に、自主トレでの打撃練習の動画を自身のインスタグラムで公開。昨季MVP&本塁打王のスイングを真横から捉えた迫力ある映像が話題となっている。ファンからは「スイング早すぎてよく見えない」などと驚きの声が上がった。

 山川が公開したのは、室内練習場でのフリー打撃。マシンから繰り出されたボールをフルスイングで弾き返している。ホームベースの真横から撮影された動画は迫力満点。豪快な打撃が“間近”で見られる貴重な映像だ。

 本人は「みゃんぶり いーかんじー」と“ほのぼの”とした言葉を添えているが、反響は大きく、再生回数は約16時間であっという間に5万1000回超。ファンからは、そのスイングスピードに対して驚きの声が続々と上がった。

「迫力満点」
「スイングはやっ」
「このスイング何回でも見れます」
「スイング早すぎてよく見えない」
「スイングめっちゃ早いですね」
「スイングの速さがエグイ」
「スイングはやすぎです!笑」
「キレッキレのスイング!」

 昨季は不動の4番としてリーグトップの47本塁打、同2位の124打点をマークして、西武を10年ぶりのリーグ制覇に導いた大砲。今季も大いに期待できそうだ。(Full-Count編集部)