【ラ・リーガ】レアルがベティスとの接戦を制す!モドリッチ弾などで2019年リーガ初勝利

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ベティスとの競り合いを制したレアル

13日に開催されたラ・リーガ第19節。トップ3進出を狙うレアル・マドリードがレアル・ベティスの本拠地エスタディオ・ベニート・ビジャマリンに乗り込んだ。

【ラ・リーガ】満身創痍のレアル…今度はクルトワが怪我で離脱

新年になってリーガ2戦1分1敗と未だ勝利のないレアル。トニ・クロースやティポー・クルトワなど負傷者も続出し、満身創痍の状態でベティス戦に臨んだ。チームに漂う嫌な流れを断ち切るために先にゴールが欲しいレアルは、ルカ・モドリッチが存在感を発揮する。13分にダニ・カルバハルのシュートのこぼれ球にモドリッチが反応。ペナルティアーク内から左足でミドルシュートを放ち、レアルが待望の先制点を挙げる。

【ラ・リーガ】もう観てられない…ケガで試合観戦のベイルが途中で帰宅

2018年バロンドーラーの一撃でリードを奪ったレアル。しかし、ベティスの反撃を前にゴールを守りきれない。67分にディフェンスラインの背後に抜け出したセルヒオ・カナレスが左足でシュート。一度はオフサイドとなったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定により得点が認められ、スコアをタイを戻されてしまう。形勢逆転となったエル・ブランコ。それでも、奇跡の優勝を目指しレアルが意地を見せる。88分、ペナルティエリア手前の中央付近でFKを獲得すると、ベティスの下部組織出身のダニ・セバージョスが右足を一閃。ゴール右に沈めレアルが勝ち越し弾に成功し、2019年初勝利を飾った。