「心豊かに暮らせるまちへ」 栗田区長 区政を語る

横浜市港北区

©株式会社タウンニュース社

インタビューに答える栗田区長

 本紙では新春企画として栗田るみ港北区長にインタビューを行った。栗田区長は災害対策やスポーツを通じた活気の創出について触れ、よりよい港北区のため、区役所一丸となって区政に取り組む姿勢を示した。(聞き手/本紙・木曽祐司)

まちの活力を実感

 ――区長就任1年目、2018年の振り返りをお願いします。

 「4月に港北区長に就任し、9カ月が過ぎました。区民の皆様に温かく迎えていただき、とても感謝しています。

 港北区は15歳未満の人口が18区の中で一番多く、年間の出生者数も最多です。どの地区に行ってもたくさんの子どもたちの姿があって、活力を実感しました。待機児童対策など課題もありますが、次代を担う子どもたちが健やかに育つよう、安心して子育てできる環境づくりにさらに力を入れたいと考えています。

 また、昨年は、全国で地震や豪雨などの大きな災害が相次ぎました。

 横浜では大災害は発生しませんでしたが、台風による家屋の損傷や倒木などの被害が区内各所で発生しました。大地震もいつ起きてもおかしくない状況ですから、災害・防災対策を担う区役所として、一層気を引き締めています。区民の皆様には、ハザードマップでご自身が住むエリアの災害リスクを知ることや、食料、日用品の備蓄などの『自助』の大切さを呼びかけています。昨年から運用を始めた港北区独自の『防災情報アプリ』も好評なので、活用してください。

 街づくりも大きく進展しています。3月に『綱島サスティナブル・スマートタウン』がまちびらきを行いました。さらに、相鉄・東急直通線の工事が進む「新綱島駅(仮称)」の駅前地区では、11月に市街地再開発組合が設立されました。

区制80周年、皆と共有

 新たに建設される再開発ビルには、待望の区民文化センターも整備される予定です。この再開発事業は市の土地区画整理事業と一体的に施行され、歩行者空間の確保や交通渋滞緩和など綱島駅周辺の安全性・快適性の向上が図られます」

 ――港北区長として、今年の区政運営における重点事項についてお聞かせください。

 「区民の皆様が安心して、心豊かに暮らせるまちを目指して、各種事業を進めます。

 重点事項は、3つの柱を考えています。

 1つ目は、防災、防犯、交通安全対策などの『安心して暮らせるまちづくり』です。防災では、大地震や激甚化する風水害に備えて、地域防災拠点の充実や地域防災力の強化に取り組みます。

 2つ目は『活気にあふれるまちづくり』です。今年迎える港北区制80周年を区民の皆様とお祝いするとともに、2年続けて港北区が舞台となるスポーツのビッグイベントを通じて一層の活気を創出していきます。

 3つ目は、『地域で支えあう福祉・保健のまちづくり』です。昨年、第3期港北区地域福祉保健計画『ひっとプラン港北』の中間振り返りアンケートを実施しましたので、その分析結果を福祉保健の基盤強化につなげます。

 そして、子育て支援や地域包括ケアシステムの構築、障がい者理解への啓発などに取り組み、子どもから高齢者、障がいのある方など、誰もが暮らしやすく、ともに支え合うつながりのあるまちづくりを進めます」

スポーツの祭典始まる

 ――港北区は、ラグビーワールドカップ、東京五輪サッカー会場として注目を集めています。

 「今年はラグビーワールドカップ、来年は東京五輪・パラリンピックのサッカー競技が、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で開催されます。港北区では、開催地としての盛り上がりや大会のレガシーにつなげるため、区民の皆様や関係機関と連携して様々な取組みを実施しています。

 例えば、ラグビーを身近に感じられるよう、慶應義塾大学や神奈川大学のラグビー部、区体育協会と連携し、小学生向けラグビー体験教室などを行っています。

 また、大倉山商店街や日吉商店街の皆様のご協力により、商店街に4色のラグビーワールドカップバナーを掲出して、機運を高めています。東京五輪・パラリンピックの英国事前キャンプ地となる慶應義塾大学とは、学生ボランティア『KEIO2020project』のメンバーと一緒に、区民まつりで英国文化の紹介なども行いました。

 いよいよ本番を迎えるこの機会に『港北区にいてよかった』と思っていただけるよう、区民の皆様と一緒に盛り上げていきます」

 ――いよいよ区制80周年です。

 「新たな元号の初年となる今年、港北区は区制80周年を迎えます。これまでの歴史や文化、まちの魅力を再認識し、より良い未来を創造していく夢や希望を区民の皆様と共有する機会にしたいと思います。多くの皆様に楽しんでいただけるイベントや、港北の美しい風景が満載の電子版記念誌などを準備しています。楽しみにしていてください」

 ――区民へのメッセージをお願いします。

 「港北区では、各地区で福祉や防災、文化芸術などの多様な取組みが工夫をこらして進められており、区民の皆様の地域貢献意識の高さと行動力は素晴らしいと感じています。この豊かな区民力に支えられ、今年も、区制80周年、ラグビーワールドカップ、街づくりの進展など明るい話題が続きます。

 これからも『住みたい』『住み続けたい』と思っていただけるよう、区役所職員が一丸となって区政に取り組んでまいります。

 どうぞよろしくお願いいたします」