餅つき、和太鼓楽しむ 板倉で米の大学生

©株式会社上毛新聞社

 米・インディアナ州のディポー大の学生と教員28人が13日、板倉町の清浄院(宮内敦夫住職)を訪れ、町国際交流協会の会員や地域住民約100人と共にバーベキューや餅つき、和太鼓演奏を楽しんだ=写真。

 一行は4日間の日程で同町や館林市など4市町の家庭に滞在しており、この日が最終日。学生は初めての体験に興味津々の様子で取り組み、餅の感触や和太鼓の迫力ある音に驚いていた。