「オニツカタイガー」創業モデルのデザインベース クラシックモダンなシューズ

©株式会社ジェイ・キャスト

アシックスジャパン(東京都江東区)は、オニツカタイガーから「OK BASKETBALL(オーケーバスケットボール) MT」(9000円、レザー1万3000円)と「同 LO」(8000円、レザー1万2000円)を2019年1月12日に発売。

創業モデルをデザインベースにしたモデル登場!

クッション性と反発性を両立したインナーソール採用

アシックスの前身であるオニツカが創業翌年の1950年、創業モデルとしてミドルカットのバスケットボールシューズが誕生。「OK BASKETBALL MT」は創業モデルをデザインベースにしたもので、「同 LO」ではそれをローカットにアレンジしている。

フォルムはもちろん、アッパーの素材やステッチ、アイコニックなメタルアイレット、アッパーサイドのラバーパッチも当時のイメージに近づけている。さらに、シュータンにあしらったTigerロゴも同モデルスペシャル仕様だ。

デザインはオリジナルモデルをベースにしているが、履き心地は現代的にアップデート。クッション性と反発性を両立したインナーソールを採用することで、快適性をアップさせた。

クラシックなルックスでありながらモダンな履き心地、そして「オニツカタイガー」の歴史を感じることができるシューズに仕上げている。

サイズは共に22.5~29.0(0.5センチ刻み)、30.0、31.0センチ。価格はいずれも税別。<J-CASTトレンド>