国際新エネルギー車展開幕 海南省海口市

©新華社

国際新エネルギー車展開幕 海南省海口市

 【新華社海口1月14日】第1回海口国際新エネルギー車(NEV)展2019が10日、中国海南省海口市の海南国際会展センターで開幕した。同展は「グリーン発展と美しい海南の建設」をテーマに掲げ、5万平方メートルの展示エリアに197台を展示。会場には動態展示や試乗エリアも設けられ、展示期間中10回以上の産業フォーラムも開催される。

 今回の展示会にはBMWやメルセデス・ベンツ、リンカーン、ジャガー・ランドローバー(JLR)、ポルシェなど国際ブランドのNEVだけでなく、北京汽車や上海汽車、広州汽車、長安汽車、吉利汽車、比亜迪(BYD)など中国の自主ブランドのNEVも展示された。テスラや蔚来汽車(NIO)、威馬汽車(WM Motor)、小鵬(Xpeng Motors)などのNEV新興メーカーも主力車種を出展した。

 会場では高価格の輸入車だけでなく、中国国産車の多くも注目を集めた。

 来場者 梁(りょう)さん

 良さそうな電気自動車があるか見に来ました。気に入ったものがあれば買うつもりです。今来たばかりですが、この車は小さくて2人乗りで、価格が10万元(1元=約16円)から11万元と手頃だと思います。ガソリンのコストを減らせますからね。