日韓 “レーダー照射”で実務者協議 「電波情報」開示も

©株式会社フジテレビジョン

韓国海軍の艦艇による海上自衛隊機へのレーダー照射問題で、防衛省と韓国国防省は14日、シンガポールで実務者による協議を行っている。

この中で防衛省は、「火器管制レーダー特有の電波を一定時間継続して複数回照射されたことを確認した」として、重ねて再発防止を求めているとみられる。

一方、韓国国防省は、「レーダー照射の事実はない」と主張していて、防衛省は韓国側の対応を見て、客観的な証拠となる電波情報の開示も含めて対応することにしている。

レーダー照射問題での日韓の実務者協議は、今回が2回目で、午前中にシンガポールの韓国大使館で協議を行い、午後には、日本大使館に場所を移して協議している。