横浜赤レンガ、いちご一色の11日間。ブランドいちご日替わり配布やスイーツ、グッズも集結

©株式会社タウンニュース社

横浜赤レンガ、いちご一色の11日間。ブランドいちご日替わり配布やスイーツ、グッズも集結

ブランドいちごの無料サンプリングや、スイーツから雑貨まで揃う「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル2019」が、横浜赤レンガ倉庫で2月1日(金)~11日(月・祝)の11日間に渡り開催されます。

4店が初出店!「いちごマーケット」過去最多の23店舗

「横浜元町 香炉庵」人気商品の黒糖どら焼きにいちごを添えた限定商品

会場の特設テントでは、老舗から新感覚スイーツ、いちごグッズまで、いちご一色のマーケットを開催。

いちごマーケット初出店の4店舗

  • 「ミガキイチゴストア」
    “食べる宝石”ミガキイチゴを使ったスパークリングワイン(1杯500円)
  • 「東京ストロベリーパーク」
    いちごのヨーグルトや生クリームのパフェ(各500円)
  • 「横浜元町 香炉庵」
    人気商品の黒糖どら焼きにいちごを添えた「いちごの生どらやき」(400円)
  • 「伊豆いちごfactory」
    いちごチョコに包まれたバームクーヘンと紅ほっぺが楽しめる食べ歩きスイーツ「いちごバーム串」(450円)

このほか、フルーツ専門店「横浜水信」4種食べ比べセットや、馬車道十番館「とちおとめのまーるいショートケーキ」など、過去最多の23店舗が集まります。

温かいチョコレートソースをかけた「湘南イチゴのチョコフォンテーヌ」

ブランドいちご8種を配布

果肉まで濃紅色の「真紅の美鈴」はイベント初登場

毎年好評の無料サンプリング。2018年にデビューした佐賀県の新品種「いちごさん」はじめ、日替わりで8種類が配布されます。品種と配布日、配布数は以下の通り。一人1パックで、なくなり次第終了となります。

  • チーバベリー、真紅の美鈴(千葉県/1日、6日 各50パック)
  • よつぼし(2日 200パック)
  • とちおとめ(栃木県真岡市/3日 500パック、7日 300パック)
  • いちごさん(佐賀県/4日 500パック)
  • さがほのか(佐賀県/5日 500パック)
  • 紅ほっぺ(静岡県伊豆の国市/8日 400パック)
  • ふくはる香(福島県いわき市/9日、10日 各300パック)
  • とちおとめ(栃木県/11日 200パック)

また、横浜市内のいちご農家による出張直売所も不定期開催。朝採れの新鮮ないちごを届けてくれます。

子どもに大人気!いちごアトラクション

屋外スペースには、今年も子ども向けアトラクションが登場。いちごをモチーフにした「いちごふわふわ(500円/2歳~8歳)」「ジャンプゾーン(1000円/2歳~)」で遊べます。

開催日

2019年2月1日(金)~2019年2月11日(月)

平日11時~18時(土日祝日は10時~)
※雨天決行、荒天時は休業することがあります

住所

神奈川県横浜市中区新港1-1 横浜赤レンガ倉庫

イベント広場特設テント

費用

入場無料(飲食代別途)

問い合わせ

横浜赤レンガ倉庫

電話

045-227-2002

ホームページ

https://www.yokohama-akarenga.jp/strawberryfes/