マーク・ルファロ製作・主演の社会派問題作に続々共演者が

©株式会社近代映画社

2005年、米化学企業デュポンに化学物質による健康被害を訴えて勝訴した実話を描くタイトル未定の映画が進行中。

「アベンジャーズ」シリーズのマーク・ルファロがデュポン社を訴えた弁護士ロバート・ビロット役で主演し製作にも参加、「キャロル」のトッド・ヘーンズが監督することは決定済み。ほかに「オーシャンズ8」のアン・ハサウェー、「ロープ/戦場の生命線」のティム・ロビンズ、「インデペンデンス・デイ」のビル・プルマンが加わる。
製作はキラー・フィルムズ他。撮影は1月に米オハイオ州シンシナティでスタート。